都心の住宅街にひっそりと佇む、癒やしの天然温泉。【前野原温泉 さやの湯処】

仕事に行き詰まった時、何かむしゃくしゃした時。皆さんはどうしますか。そんな時、僕は決まって温泉を訪れます。いつも行っている「大衆に愛されるがやがやした温泉」ではなく、「落ち着いた雰囲気の心安らぐ温泉」へ。

今回紹介するのは、僕にとっての「落ち着いた雰囲気の心安らぐ温泉」。板橋区の住宅街に佇む、レトロで風情のある建物が特徴の「前野原温泉 さやの湯処」という日帰り温泉です。究極の癒やしを追求したという、厳選かけ流しの天然温泉が日常の疲れを忘れさせてくれます。

「前野原温泉 さやの湯処」

都営三田線「志村坂上」駅下から徒歩8分、住宅街を抜けたところにある日帰り温泉施設「前野原温泉さやの湯処」

一際目立つ、大きな提灯が優しく出迎えてくれます。

四季の移ろいを楽しめる日本庭園

館内に入り、まず目に飛び込んでくるのがこの日本庭園
館内の中央に位置し、食事処でご飯を食べながらこの庭園を眺めることもできます。四季折々の姿を見せてくれるこの庭園。11月中旬頃に来ると綺麗な紅葉が見られるとのこと。すぐさま僕の半年先のスケジュールが一日埋まりました。この庭園は、次はどんな顔を見せてくれるのか楽しみです。

 

温泉通も唸る、都内有数の極上温泉

【露天風呂】公式HPより

お待たせしました、肝心なお風呂のご紹介。

「さやの湯処」の湯質はPH7.4の弱アルカリ性。塩分濃度の高い、舐めるとしょっぱい温泉です。
都内では珍しいうぐいす色に濁ったお湯は、外気で冷えた体を芯から温めてくれます。

お風呂の種類も豊富。
内風呂には、高濃度炭酸泉・立ち湯・寝湯・座り湯・腰掛湯・水風呂があり、露天風呂には、寝湯やつぼ湯があります。
また、ドライサウナ(熱気風呂)とスチームサウナ(薬草蒸風炉)も完備しているため、サウナ好きにはたまりません。

サウナの息苦しさが苦手な友人は、スチームサウナ(薬草蒸風炉)を気に入っていました。よもぎと七種の和漢植物ブレンドの香りを週替わりで楽しめます。入り口は胸の高さほどでかなり低く、スチームの効果もあって洞窟感満載なので、奥に120キロぐらいのスキンヘッドのお兄さんが座っていたときは、失礼ながら、ダンジョンのラスボス感が漂っていました。

【寝転び湯】公式HPより。

露天風呂の寝転び湯は大人気。ここはおしゃべり禁止なので、すやすやと気持ちよさそうに眠っている方をよく見かけます。
土日や祝日は人が多いので、できることなら平日に来るのをおすすめします。

 

【つぼ湯】公式HPより

個人的に一番オススメなのがこの壺湯

足を外に出し、リラックスした状態でお湯に浸かります。僕はこれがたまらなく好きです。
昼は木々の緑と日差しが、夜は星空を眺めながら、究極に癒やされてください。

お風呂上がりに至極のご褒美を。

「さやの湯処」の温泉は、保温性にすぐれており、浴後しばらくの間ポカポカ感が続きます。そんな火照った体で向かう先は食事処。ビールを注文し、急ぎ足で和室へと運びます。友人と乾杯をして0.5秒後、我慢ができずに冷えたビールを一気に喉へ流し込みます。

キンッキンに冷えてやがる・・・」

お決まりのベタなセリフも言いたくなっちゃいます。なんで風呂上がりのビールってこんなに美味しいんですかね。枝豆とジョッキセットで620円。これを超える620円の使い方は、世界中どこを探してもないんじゃないかと本気で思ってしまいます。

館内無料Wi-Fiをつかって、ゆったり作業。

実はここ、Wi-Fiが使えます。もう完璧ですね。

最近Wi-Fiのある温泉施設は徐々に増えてきていますが、それでもまだまだ一部だけ。ふとPCを開きたくなった時に作業ができるのは、やっぱりありがたいですね。畳でゴロゴロリラックスしながら、キーボードを叩く幸せ。ここならいくらでも記事が書けそうです。

実は「さやの湯処」には、別料金になってしまいますが岩盤浴もあります。かなり通ってますが、いまだに岩盤浴は利用したことがないので、次回来たときは利用してみたいと思います、その時はまた追記しますのでお楽しみに。

板橋方面に立ち寄った際は是非「さやの湯処」へ。心からおすすめできる温泉施設です。

温泉情報

お湯データ
源泉名 板橋前野温泉
泉質 ナトリウム塩化物強塩温泉
特徴 PH7.4の弱アルカリ性、塩分濃度が高くしょっぱい。
綺麗なうぐいす色のお湯はタンクを経由せずに直接湯船に注がれている。
施設情報
施設名 前野原温泉 さやの湯処
住所 東京都板橋区前野町3丁目41−1
営業時間 10:00〜25:00 (最終受付は24:00まで)
電話番号  03-5916-3826
 公式HP sayanoyudokoro.co.jp

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です