22時間営業!最高レベルのおもてなし銭湯。【富士見湯】(昭島市/東中神駅)

秋の心地よい風に吹かれながら、東中神の商店街を歩きました。

布団屋さんや小さな商店。なんだかちょっぴり懐かしい雰囲気に思わず往復して中をのぞき見。

商店街の名前は「くじらロード」
今から57年前にクジラの化石が見つかったことから、クジラはこの街のシンボルになったそう。

「あ、富士見湯は、壁に大きなクジラの絵が描かれてたっけ・・・」

そんなことを考えているうちに、いつの間にか提灯の並ぶ、富士見湯の看板が見えてきました。

今回は、経営者である真神 友太郎さんにお話を聞きながら取材をしてきました。写真とともにその魅力をお伝えできればと思います!

「富士見湯」

JR青梅線 「東中神駅」から徒歩5分。1953年開業という地元民に愛される銭湯「富士見湯」

真神さんが経営を引き継ぎ、2016年1月にリニューアルを行いました。斬新なアイディアやそのサービスレベルの高さから注目され、今では多くの銭湯ファンが訪れる人気の銭湯に。

6000冊以上の漫画・雑誌に囲まれた広々としたくつろげるロビー。ド派手な壁画や、無料のサウナ露天風呂。そして驚異の22時間営業というスタイル。460円とは到底思えないおもてなし精神がそこにはギュッと詰まっていました。

イベント予定などは公式アカウントをフォロー↓

「富士見湯」を手がけるのは「ニコニコ温泉株式会社」

今回、取材に応じてくれた真神さんが代表取締役を務めるニコニコ温泉株式会社

昭島にある、ここ「富士見湯」の他にも、神戸にある天然温泉「湊山温泉」を経営しています。

この「湊山温泉」源泉かけ流しの名湯らしいので、温泉ソムリエとしては、ぜひとも浸かりに行きたいところ・・・

事業をどんどん拡大させていくらしいので今後の動きにも注目ですね。メディア・コンテンツ制作事業なども行っている面白い会社です。

浴場・脱衣所の様子はこちらから「グーグルインドアビュー」

富士見湯の浴場(女湯)

 

富士見湯の脱衣所(女湯)

日本一鮮やかな「銭湯壁画」

浴場に一歩入ってびっくり。招き猫富士鳳凰などのド派手なキャラクターが、視界に飛び込んできます。なんだか眺めているだけでご利益がありそう・・・

こちらの壁画はリニューアルのタイミングで、元のタイル貼りの壁画から変更したとのこと。リニューアル前の常連さんは、きっと初めて訪れたときに腰を抜かしたことでしょう。

「これは?」と指を差す子供に優しく教える父親の姿。そのほっこりとする光景に、いつの間にか浴場で笑顔が伝染していました。

高温・中温・低温と3つに分かれた「浴槽」

壁画のしたには、高温・中温・低温と3つに分かれた浴槽があります。

高温風呂は、ちょっと深めの浴槽で43~45度はある、なかなかの温度でした。

中温風呂は、円形の広々とした浴槽で40度前後。ゆっくり浸かれるメインの浴槽ですね。

低温風呂は、電気風呂が設置されており、強めで3つのパターンが楽しめました。知らずに入ると溺死しますのでご注意を(さすがに冗談)

子供に大人気の「アヒル風呂」

こちらはお子さん向けのぬるめの浴槽。お寿司タコさんなどアヒルさん以外にもいろいろ浮かせるのだそう。これは子供は喜びますよね。

僕も気持ちを知るために、子どもたちと一緒に浸かってみましたが、とても楽しかったです!(子供がいなくなりました)

開放感あふれる「露天風呂」付き!


実はここの銭湯、露天風呂付きなんです。開放感あふれる岩風呂に浸かりながら、ぐーっと体を伸ばし空を見上げる時間は至福のひととき。

僕が入ったときは「ダンベル風呂」でしたが、他にもいろんな企画があるみたいです。次に来るのが楽しみになりますね。

過去には、レモンがたくさん浮かべられた「はちみつレモンロイヤルゼリー風呂」なんてお風呂も・・・

露天風呂の壁にはプロジェクターで、映像が投影されることもあるとのこと。随所に散りばめられたアイディアに驚かされます。

広めの「水風呂」と、無料で楽しめる「サウナ」

サウナは定員は10名ほどで90度ほどと室温は少し低め。テレビがあるのでゆっくり汗をかけました。そして水風呂は目の前!

水風呂18度前後。高温風呂との交互浴もおすすめです。

浴場と露天風呂には、くつろげる椅子がいくつか置いてあり、サウナ→水風呂→露天の外気浴で最高に「ととのう」ことができました。ここ富士見湯は、サウナー(サウナ愛好家)にもおすすめの銭湯です。

6000冊以上の漫画が読み放題。居心地の良すぎる「ロビー」

棚一面に並べられた漫画や雑誌。なんと・・・これ全部読み放題です!これは入り浸ってしまいそう。

そして、照明を落とした端のスペースには無料のマッサージチェアも数台あります。えーっと、今 僕、銭湯の話してますよね?(笑)

特別に番台に立たせてもらいました。

番台では、お菓子やカップヌードルも販売されていて、アイスクリームもあります。

そして、そしてなんと「生ビール」もあります。 銭湯 × 漫画 × ビール は、もうたまらんっ!

恐ろしいほどのサービス精神。ここまでされると募金箱に1000円札突っ込みたくなりますね。

サイクリストにおすすめ「スポーツバイク預かりサービス」

多摩川のサイクリングロードから、自転車で5分ほどにある「富士見湯」
もっとサイクリストにも立ち寄って欲しいとの思いから、「スポーツバイク預かりサービス」をはじめました。

ただでさえ盗難被害の多いロードバイクやクロスバイク。外に長時間置いておくのはやっぱり不安ですよね。

しかし、カウンターの横に鍵をかけて吊るしておけば安心!そして、なんか・・かっこいい。(ここで写真を撮る方も多いのだとか)

※普段は見れません「機械室」

今回は、特別に銭湯の心臓部分。「機械室」も見せていただきました。

当初、富士見湯を受け継いだ時には、配管になんの表記も無く苦労したとのこと。
そこでアルバイトの高校生さんが数字と役割を明確にしてくれたそう。(めっちゃ仕事できる・・・)

「富士見湯」が愛される理由。

真神さんが「富士見湯」の経営を引き継いだ後、初月の売上、なんと・・・

-250万円。大・大・大赤字。

これを聞いたときは愕然としました。初月で250万の赤字なんて正直逃げ出したくなりますよね。

入浴料460円という制限の中、都内最長の22時間(12:00~翌10:00)という営業時間を実現。

常に新たな一手を打ち出し続けた結果、様々な客層を呼び込み、ようやく今の富士見湯のかたちになりました。

でも富士見湯の目指すところはもっともっと先とのこと。

どんなことをしたらお客さんにもっと喜んでいただけるだろうか」と試行錯誤を重ねる姿、これこそが「富士見湯」の愛される理由だと思います。

富士見湯はサブカルチャーの要素を銭湯へ取り込み、ファミリー層へ向けたサービスも充実させることで、他の銭湯と比べ、圧倒的に若い層を獲得しています。これは5〜10年、いやもっと先を見据えて、銭湯を経営しているように思えます。

富士見湯さん、今回はご協力ありがとうございました。

みなさんに「富士見湯」の魅力を少しでもお届けできたら幸いです。

掃除も隅々まで行き届いて、本当に大好きな銭湯です。

是非、一度足を運んでみてください!

各種情報

データ
種類 / 設備 水風呂、無料サウナ 、バイブラバス 、露天風呂 、電気風呂、立ちシャワー、無料マッサージ機、無料ドライヤー、無料アメニティ
特徴 22時間営業、雑誌漫画読み放題、自転車預かりサービス。時期に応じたお風呂。
施設情報
施設名 富士見湯
住所 東京都昭島市中神町1260
営業時間 12時~翌日朝9時まで (待合室は10時までご利用可能)
駐車場 無料駐車場30台 完備
電話番号  042-541-2081
Twitter @Sentofujimiyu
 公式HP https://www.fujimiyu.co/

 

2 件のコメント

    • たまごっちさん

      コメントありがとうございます😊
      今後も一つ一つ丁寧に記事を更新していきますので楽しみにしててください!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です